東海地方~PartⅠ

-------- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
Monthly : -----
Category : スポンサー広告
New >>
東海地方~PartⅡ
<< old
見えます・・・

2007-12-01 (Sat)

久方ぶりに東海地方に遠征をしてみた
私にとって、東海地方に来たらココはまず外せない

多治見市にある「信濃屋」
20071201201310.jpg

この佇まいは、何回来ても心が引かれる

今回初めて店内を撮影させて頂きました
ほんまに、腰が低くて優しかった大将、有難うございました

正面が入り口です
20071201201720.jpg


奥には座敷が2部屋あり、一番奥の部屋でTVを観ながらくつろいでおりました
20071201201539.jpg


最後に厨房です
20071201201620.jpg

ええ雰囲気でしょ





まずは、お目当ての「ころ(冷)」
20071201202058.jpg

見た目は「伊勢うどん」に似ている
同じところは、約1時間ほど麺を湯がくところだが、麺そのものの食感・味わいについては、まったく違うものである
私は、毎回こちらの「ころ」を頂くと、麺の喉越しについて考えさせられてしまう

20071201202109.jpg

決して、麺の密度がしっかりしてるものがOK~ではなく、エッジが鋭くたってるのがGoo~でもなく・・・
ホワッっとしているなかにも、何故かスッキリとした喉越しが味わえるんよ
また、キリッっと冷えたスッキリとしたダシが、麺のクオリティを更にアップさせている

お店には、いわゆる「自由帳」のような物が置いてあって、お店にこられた方が自由に感想を書かれているのだが、仙台から夜中にトラックをで飛ばして、何回かやって来たアンチャンや、遠くは北海道から来た方々の喜びの声が綴られている

そして、もうひとつのお目当て
「支那そば」
20071201202648.jpg

大将曰く、普通のらーめんの素材料を使って、この平打ち麺を作られているとの事

初めての方には、歯応えとダシの香りにり少々戸惑いを覚える方もいるかもしれないが、鰹ベースの濃い目のダシとこの歯応えのしっかりとした麺は、余計な具が不要な程、印象に残る
20071201202701.jpg


ここはエエおみせやね~~

お店の情報ね!
20071201203121.jpg


メニューはこの3点のみ
20071201203135.jpg


さ~、次は名古屋に向かいますか~


スポンサーサイト
Entry Status
Monthly : 2007-12
Category : うどん
Comment : 4
Trackback : 0
New >>
東海地方~PartⅡ
<< old
見えます・・・

Comment

さぬきうどんのたぬきおやじ : 2007年12月02日(日) 22:45 URL edit
すごい、というか、ある意味、飲食店の理想だと思います。
このような店があり、このような写真を撮ってくださった。
感動しました。
特に厨房が、きりりとして、あるべきものがあるべき所に
収まっている。働いている人たちの矜持を感じます。

居心地がよく、温かい時間と温かい心が流れていく。
いつの日か、そのような境地に達したいなと。

ところで、これだけの写真の腕がありながら
サラリーマンをさせておくのはもったいない。
麺店専門のカメラマンとしてデビューしませんか?

: 2007年12月03日(月) 23:05 URL edit
>さぬきうどんのたぬきおやじさん
ど~も、お久しぶりです
例えどいな職業でも、人と人の接触は当たり前であり、避けられるものではありません
つまり、人とは・・・なんて難しい事は言えませんが、形で構えるより、素直なコミュニケーションを取ることが営業にしろ、商売にしろ、大切なことなのだと思います
更に、それを受け取る側の真剣度が

しかし、大人である以上、野放図なコミュニケーションではなく、立居振舞がちゃんと出来て、節度を守ったコミュニケ~ションが大事ですね

カメンランは、カメラの液晶画面を割らんようになったら考えます(笑)
さぬきうどんのたぬきおやじ : 2007年12月04日(火) 19:23 URL edit
そのとおりだよね。
特に4枚目の厨房の写真。
あんたは、よっぽど愛されとるんやどね。
私は不覚にも涙がこぼれた。
: 2007年12月05日(水) 12:07 URL edit
>さぬきうどんのたぬきおやじさん
可愛がられとんですね~

Post a Comment








Trackback

http://s1580.blog27.fc2.com/tb.php/580-3306cad7