つけ麺・麺、め~ん!!

-------- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
Monthly : -----
Category : スポンサー広告
New >>
西脇@晴天
<< old
手打ちうどん はや

2008-05-25 (Sun)

「歩け歩け~♪」をしよったら、ジーッとこっちを見つめる視線を感じた

うどんファンの女性達から、似たような視線を浴びせられることはままあるが、こないに熱い眼差しを感じることはさすがに少ない

ふと見れば、たぶんまだまだ若~いであろう娘がこちらを見ている
あらまっ

別にやましい気持ちではなく、少しコミュニケ~ションをとってあげたら、今度はいつまでも私のそばを離れず、どこまでもついてくる・・・

ふう~
残念ながら、僕はすでにナニなんよ~
君さえよかったら、神戸でも京都でも門真でも豊崎でも香川でも、素敵な彼を紹介してあげるよ
そやから、僕のことはあきらめて、もうお家へお帰り

少々後ろ髪を引かれる思いではあったが、思いを断ち切って別れを告げた
幸せにね
サヨナラ・・・

追跡者



さて、話は変わって

つけ麺系です
それぞれ、どこのお店の逸品でしょう~ (※写真はクリ拡大ネ)

①うどん                              ②蕎麦
ざる麺蕎麦


③らーめん
秀一麺2


しかし、ここ数年麺をつけダシ、もしくはスープにつけて頂くメニューが増えましたね~
常々思うんやけど、これって間違いなく、麺そのもののクオリティが上がってきてる証拠なんではないでしょうか?
逆に言えば、頂く側にとって、麺そのものを主体に楽しむ事が常態化してきたと言うことなのでしょう

近年、あらゆる麺関係のお店で、自家製麺が増えてきております
特にラーメン関係に於いては、非常に顕著な傾向だと思います

以前にも書きましたが、ラーメン業界では今や「つけ麺」系のメニューを外しては、メニューのラインナップが整わなくなってきてますもんね

但し、ここ数年の特に東京方面のお店を見てて思うのですが、とにかく「つけ麺系メニュー」を置いてないと他店との競争に負けるのでは?という、あくまで心理面からの配慮で、無理やりメニューに組み込んでいる感が否めません
(※ラーメンの場合は、うどん以上に競争が激しいので、仕方がない事だとは思いますが)

そこから考えると、元々ラーメンを楽しむスタイルから考えて、ちょっと行きすぎかな?って気がしますし、恐らくラーメンの場合、いつか「先祖がえり」のような現象が起きるんではないかと思う今日この頃であります


んで、回答です

①うどんは、豊中の「えん」
鴨ざる

えん店


②蕎麦は、こいな感じ(笑)
ざる蕎麦


③らーめんは、吹田の名店「秀一らあめん」です
※もちろん、美味しい自家製麺のお店
秀一つけ麺2

秀一店



阪急宝塚線「服部」駅前で、らーめん店の新店を発見しました

「尾道らーめん 一龍」
一龍店

5月2日にOPENされたとの事です

メニューです(価格は外税)
一龍メニュー

つけ麺もありますよ

「笑店」で座布団を運んでる「山田くん」ソックリの子が居てて、とても愛想がよく、クルクルと動き回って応対してくれます
ちょうど「ずうとるび」の頃によく似てました
きっとこの子は、みんなに可愛がられてることでしょう

「尾道ラーメン ¥600(税込¥630-)」
尾道らーめん


スープは少々甘味のある魚系の優しい感じ
ちょっと薄味やったかな?
麺は若干細めの平打ち麺で、こちらもやや優しめ
でも、全体的に好きなタイプです
きっと、この界隈の方に気に入られる一品だと思います

場所は、ホンマに「服部」駅東側スグ
「のせや」から2軒南隣です

営業時間:11:30~22:00
定休日 :無休



さてさて、ドユこと?
店2



スポンサーサイト
Entry Status
Monthly : 2008-05
Category : うどん
Comment : 2
Trackback : 0
New >>
西脇@晴天
<< old
手打ちうどん はや

Comment

さらボン父 : 2008年05月25日(日) 22:13 URL edit
うどん大好きの三ツ島・更科みたいなもんで、蕎麦が大好きな讃岐出身の大将がやっておられるんでしょう・・・!!
: 2008年05月26日(月) 06:41 URL edit
>さらボン父さん
ソユことですかね~
天然かつおだしですしね~

Post a Comment








Trackback

http://s1580.blog27.fc2.com/tb.php/738-de961480