昔のうどん巡り~♪

-------- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
Monthly : -----
Category : スポンサー広告
New >>
巡礼日記♪ 第十七番札所 「手打さぬきちうどん えん」@豊中
<< old
天麩羅食堂 魚徳@吹田

2008-08-12 (Tue)

「第2回 関西讃岐うどん 西国三十三ヵ所巡礼~!!」 開催中~!! ← まずココをクリックしてね



「ふうふ~亭」に来る度に、昔の事を懐かしく思い出してしまいます

     ぶっかけ3

最初、ひと目見て「ビクッ!!」
んで、ひと口食べて「おお~~っ!」って思ったもんね~♪


このお店を初めて知ったのは、「dancyu 1999年10月号」
ある意味、このお店に出会った事が、私が関西でうどんを食べ歩くきっかけになったのかもしれません

    ふうふ亭


昔、まだ関西で「讃岐~」があまり認知されていなかった頃・・・

営業先でお昼を頂くお店を探すのに、結構苦労をしました
今と違って、インターネットが普通に使われてた時代ではありませんでしたので、事前に営業先周辺の情報を調べる手立てがありませんでしたし、「讃岐うどん」のお店自体が少なかったですしね

どんな風にしてお店を探してたかと言うと・・・



①営業先周辺で「タウンページ」を見て探す

これは結構やりましたね
今ではほとんど見かけなくなりましたが、「電話BOX」に備え付けてある、「タウンページ」の「そば・うどん」の欄を見て、店名に「手打ち」が付いてるお店とか、ズバリ「さぬき~」みたいなお店を調べては訪問をしておりました
勘がくるってしまうと、「ココうどん店かな?」って思って訪問したら、「蕎麦屋」さんやったりしてね

おかげで、地図を読む力が格段に向上したのと、関西の道を覚える事ができました
(※今すぐにでも、タクシーの運転手さんになれる自信があります)

たま~にですが、悪いヤツが、「タウンページ」の自分が欲しい部分を破って持って帰ってた・・・
なんて事もあり、仕方なくお店訪問を諦めたこともありましたね~



②目を皿にして探す(笑)

「目を皿にして・・・」なんて表現自体、あまり耳にしなくなりましたが、コレは基本中の基本でした
お店の看板、幟、テントなんかを、もう超能力で見つけてました
お蔭様でというべきか、病気というべきか、紺色の幟(昔は殆んどがこの色)、「~とん」の文字、カタカナの「セ」から始まる看板には、自然と反応出来るようになってました

その為、よくある話ですが、「~ふとん店」01[1]の看板を見つけて、「おおっ!!こんなところに新店か!?」って勘違いしたり、巷に「セルフのガソリンスタンド」image016[1]が出来始めた頃には、「あっ!ついに関西でセルフ店がオープン?」なんて喜んだりしてね~


③近隣の方の情報を集める

「何故か?」この方法が、一番外れが多かったです



そうそう、これはお店を探すのとは別の話ですが、当時は「自家製麺」のお店は非常に少なく、一品¥600~¥700の値段でも、「仕入れの茹で置き麺」が殆んどでした

とある方から伺った話なんなんですが、あるお店で、とんでもないうどんが光速で出されてきたので、「これホンマに手打ち?」って聞いたら、お店の大将が面倒臭そうに出てきて、目の前で両手を「パチン!」と叩いた・・・なんて落語みたいな事もあったそうです




スポンサーサイト
Entry Status
Monthly : 2008-08
Category : うどん
Comment : 2
Trackback : 0
New >>
巡礼日記♪ 第十七番札所 「手打さぬきちうどん えん」@豊中
<< old
天麩羅食堂 魚徳@吹田

Comment

光樹 : 2008年08月14日(木) 23:47 URL edit
"ふとん"の文字は、一瞬ハッとしてしまいますね~。
: 2008年08月16日(土) 11:09 URL edit
>光樹くん
”青い”いう文字もね~

Post a Comment








Trackback

http://s1580.blog27.fc2.com/tb.php/824-03fbc940