紅白お染久松@桐山

-------- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Entry Status
Monthly : -----
Category : スポンサー広告
New >>
この連休に「讃岐うどん 大峰」を訪問予定のあなたへ・・・
<< old
「しっぽく」始まりました~♪@かどっこ 東住吉

2008-10-30 (Thu)

「第2回 関西讃岐うどん 西国三十三ヵ所巡礼~!!」 開催中~!! ← まずココをクリックしてね


全国的に有名な「野崎観音」の参道沿いにある讃岐うどん店で、なんともおめでたい一品を頂いてまいりました

「野崎観音」といえば歌舞伎、人形浄瑠璃で有名な「お染久松」
近松門左衛門の養子とされる「近松半二」の物語です
こと、「野崎村の段」と呼ばれるこの界隈での一節は、大変有名なシーンですよね
当時の大阪という町での人間関係、人間模様がまざまざと描かれております
んで、その物語にあやかったのか、見た目も鮮やかでいかにも御めでたい一品がこちらです

    紅白お染久松


満濃出身の大将(山内と関係があるらしい・・・?)が打つ、他にはないであろう「紅白うどん」
これをひと目見た時に「ピンッ!」ときたんやけど、これからのうどん好きの人達は、お祝い事あれば紅白饅頭を食べるのではなく、この紅白うどんを食べるようにせなあかんよね~

値段も¥888-と末広がり
量も通常の1.8倍とこれまた末広がり(笑)

メニューにも「お祝い事に紅白のうどんすきはいかが?」って記されているように、これは「神戸の方(お酒・馬・呪い好き)」がナニゆ~時には、ゼヒにも皆に振舞ってもらわないかん一品やね~

紅白お染久松2 おこわ



麺は少々グミ系のやさしいタイプ

    紅白お染久松麺

気になる「紅」の方の麺には、梅が練り込まれているそうですが、麺自体からはその味はありませんでした

麺は注文が通ってから湯掻き始めますんで、少々リードタイムを読む必要があります
ダシは「ぶっかけタイプ」というよりは「生醤油」に近い味でした


そうそう、この一品にはポチ袋に入ったこんなご祝儀がついてきます

    ポチ袋

これまた、おめでたさを一層高める工夫ですね
中身は、直接お店に足を運んで確かめてみよう!

お店は広く清潔で、またここの女性店員の方が非常に明るくハキハキとされてて、その上接客上手でとってもお茶目
通りすがりの無口な私に、色々と話しかけて下さって、楽しいひと時を過ごさせて下さいました

お勘定をして帰る際にも
「またお近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さいませ」
なんて、お客の心を「グッ!」と掴む、はなかなか言えないひと言を添えて下さいます



この他、メニューには「ひやひや」がラインナップされておりましたが、このお店の「ひやひや」は「生醤油うどん」のコトなんだそうです

    桐山メニュー

 ※たった今、素朴な疑問が生まれたんですが「ひやひやの生醤油」はまあ分かりますが、「あつあつの生醤油」ってことは醤油も「熱」なん?
ついでにこれも直接足を運んで確かめてみよう!!


桐山店 冷やし




「さぬきうどん 桐山」
大阪府大東市野崎1-7-18
TEL 072-878-4114
営業時間:11:00~20:00
定休日 :月曜日



今年はもう無理やけど、来年の紅白を狙おうかね~トリオ


スポンサーサイト
Entry Status
Monthly : 2008-10
Category : うどん
Comment : 2
Trackback : 0
New >>
この連休に「讃岐うどん 大峰」を訪問予定のあなたへ・・・
<< old
「しっぽく」始まりました~♪@かどっこ 東住吉

Comment

じょー@神戸 : 2008年11月02日(日) 13:12 URL edit
>通りすがりの無口な私
ココ、ツッこむところですよね?
もしかして「通りすがり」もツッこむところですかね?
: 2008年11月03日(月) 10:23 URL edit
>じょーさん
  >これは「神戸の方(お酒・馬・呪い好き)」がナニゆ~時には、ゼヒにも皆に振舞ってもらわないかん一品やね~
  ココやん!!

Post a Comment








Trackback

http://s1580.blog27.fc2.com/tb.php/925-3635ccb3